日本の鉄道-1
旅行、出張で乗った日本の鉄道の写真です。
No.1〜50はこちら)
51 三田、有馬 2016年06月
52 富良野 2017年06月
53 下灘駅 2017年09月  
54 東京、熊谷 2018年03月  
       
青春18きっぷのポスターになったり、NHKの「ドキュメント72時間」で紹介されたJR四国予讃線の下灘駅を妻と車で訪問しました。夕日が見られる時間帯ではありませんでしたが、海沿いのホームからの美しい景色を楽しむことができました。地元の方が花を植えたりして丁寧に手入れされていることがうかがえました。5台程度の駐車場があるため、車での訪問者も多かったです 2017.9.15

小さな屋根とベンチの組合わせが額縁のようです。
以前は手前にもう一線ある島式ホームだったことが
分かります

夕陽は画面左方向に沈みます

無人駅舎もよく手入れされていました

松山行キハ32形単車は屋根を外れてバックミラーが
あるホーム先端に停車しました。線路と海の間には
夕やけこやけライン(国道378号線)が走っています
義母、孫娘、妻との家族旅行で学生時代のスキー以来の富良野を訪問しました
 
富良野線学田駅はホーム長が1両分しかないため、キハ150形2両編成は踏切をまたいで停車します
2017.6.11 学田にて

2000系より13年先輩の3000系は神鉄初の
アルミカー。こちらはアルミ地肌に赤ラインを
塗装しています 2016.6.29 有馬口にて

2000系は塗装されていますがアルミカーです
2016.6.28 有馬温泉にて

昔からの神鉄タイプの1100系。2扉車も
健在です 2016.6.28 有馬温泉にて
仕事が終わって会社がある三田から神鉄で有馬温泉に行き、一泊旅行中の家族たちに合流しました

神鉄初のステンレスカー6000系。もちろんVVVF
インバータ車です 2016.6.28 三田にて
1年ぶりの国内出張で熊谷に行きました。雪が降る祭日の日帰り出張でした… 2018.3.21
 
東京までのぞみで行き、ピンク帯を巻いたE2 1000番台ときに乗換えて熊谷へ向いました。シートカラーは以前(No.47)の紫系統とは異なり濃い茶系統でした。隣のE5系は運転台が低くノーズが長いことが分かります
 
帰路は東京まで最新のE7系あさまに乗ることができました。やはりJR東日本の車両らしくシートカラーは
薄い茶系統に黒のシートバックでおしゃれな感じがしました。反対ホームにもE7系がいます
トップ アイコントップページへもどる